便秘解消でポッコリお腹ともおさらばへ



便秘に隠された意外な有害性

今の時代、ハンバーガーや牛丼、ピザなど脂質の多い食べ物を扱うファーストフードは外に出れば嫌でも目に入ってきます。

こういった欧米型食生活によって、肥満になってしまい、ポッコリお腹に悩む方も少なくありません。

しかしながら、ダイエットを始めても中々痩せない、効果があげられないという方は実は腸内環境を荒らす「便秘」に問題があるかもしれません。

便秘によって、便がいつまでたっても腸内に溜まってしまっている場合、便の中に含まれている老廃物などが血液の中に浸透してしまうため、やがては栄養が脂肪となって蓄積されるのです。

このまま放置しておくと、いくらダイエットをやっても痩せるどころか、内臓脂肪などの肥満の原因にもなり、大腸がんの原因にもなってしまいます。

体脂肪の溜め込みやすい原因は腸が働かない事にある

知っての通り便秘は誰でも経験したことがあると思いますが、主な症状としては、「便が数日間も出てくれない」、「いつもより排便する量が少ない」、「お腹が痛くなり、トイレに駆け込んでも中々、排便できない」、「便に水分が非常に少なく硬い」というものが挙げられます。

私達の体内にある腸は、食べ物を口に入れる事によって、初めて本格的に働きだします。

例えば、もし朝食を食べず、そのまま会社に出勤してしまう場合、腸は働く事無く、活動をストップしたままになります。

朝食を食べない事によって、不足しがちな栄養素を体の脂肪の中から吸収してしまい、結果的に体脂肪が増えてしまうのです。

また、腸が働かない場合は、昨日、食べた食事を便に変えることが出来なくなり、本来は便として排出されるはずの食事がお腹の中に残ったままですので、これが便秘の原因になります。

そのため、しっかり朝、昼、晩ときちんとした食事をせずにしていると、運動などのダイエットをしても、得られる燃焼効果は微々たるものになってしまいます。

女性は男性よりも便秘になりがちなため注意

女性は女性ホルモンの関係で、男性よりも便秘になりやすいとされているため、特に注意する必要があります。

女性ホルモンには、主に排卵の準備を促すエストロゲンと排卵の過剰分泌を抑制するプロゲステロンが存在し、このうちのプロゲステロンは分泌がされていくごとに、大腸内での水分の吸収率が上がっていくという特徴があります。

大腸に水分のほとんどが吸収される事により、排便時に含まれる便には水分の量は大きく低下します。

そのため、結果的に硬くなった便が腸内に留まりやすくなってしまい、便秘になってしまいます。

かといってプロゲステロンは女性に必須のホルモンであり、出産や妊娠を維持していくためには欠かせません。

そのため、栄養価の高いバランスの取れた食事を意識するようにし、なるべくストレスを溜めないように注意しましょう。

便秘解消によって脂肪の燃焼を促す

便秘を解消していく際には、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

まず最初に挙げられるのが、便意を決して我慢しない事です。

便秘の際は、便意が出ても「どうせ今回も出ないだろう・・」とトイレに行くのをためらってしまう方もいると思いますが、少しずつでも良いので排便をしましょう。

便意を感じても放置しておいた場合は、さらに便秘が悪化してしまいます。

便座に座った際には、なるべく体を前の方に傾けて、前屈みの姿勢にしてあげると直腸から肛門までのラインが直線的になり、排便しやすくなります。

次に重要なポイントは食事を1日3食しっかりと取る事です。

先程の項目でも、朝食を抜く事によって腸が働かず、結果的に脂肪が溜まりやすくなると述べましたが、食事を摂ることによって便が作られ、腸も排便を促してくれるだけに便秘の際に不足しがちな食物繊維などを中心にきちんとした食事を心掛けましょう。

ちなみに食物繊維にも、水溶性タイプと不溶性タイプの2種類があり、不溶性を摂り過ぎてしまうと、逆に水分を腸に吸収させてしまい、便秘をさらに悪化させてしまうので、要注意です。

逆に水溶性の場合ですと、硬くなっている便を柔らかくして、排便しやすい環境を整えてくれます。

また、肉類やタンパク質などが豊富な食べ物は摂り過ぎないようにしましょう。

次に挙げられる重要なポイントは水分の補給にあります。

水分をあまり補給していない場合、便をさらに硬くしてしまうため、便秘の悪化につながります。

最後に挙げられるのがストレスであり、ストレス社会と言われているだけあって、知らず知らずのうちにストレスを抱え込んでいる人も多いと思いますが、このストレスも便秘の原因になってしまいます。

そのため、1日の中にリラックスタイムなどをきちんと設けてあげたり、私生活の中で工夫をしてあげる事が重要です。

これまで挙げてきたことに気を付けて、便秘を解消していけば、体の代謝が上昇して脂肪の燃焼を促すことが可能になり、ダイエット効果につながるだけでなく、健康促進にも大きく寄与する事になります。






同じカテゴリーの最新の記事

  • お尻きたなくない?黒ずみ、シミ、ニキビ

    お尻、大丈夫? お尻の黒ずみやシミ、ニキビケアに気をつけてますか? (※ケアとはニキビ、シミ・黒ずみを予防することです。) ピーチローズ 「お尻の肌トラブルを気にせず、温泉やスパで楽しみたい・・・」 「日常生活でお尻に悩み...


  • ニキビのタイプと肌質に合ったニキビケアについて

    ニキビは一度できてしまうとなかなか治らなかったりするので非常にやっかいです。 できればニキビを作らない状態にしていきたいですしできたとしても治していきたいと思います。 しかし自分のニキビがどの状態で肌はどのタイプなのか知らない方は意...


  • モテメイクで自分らしさをアピール

    メイクは女性にとって永遠のテーマです。 エチケットでもあり、美しくかわいく見せるためのツールでもあります。 女性はメイクの仕方次第で大きくイメージチェンジすることができ、ヘアスタイルやファッションに合わせていろいろと楽しむことができ...


  • 汗かきには自分でできる制汗対策から

    汗をかくと、臭いや洋服の汗ジミが気になります。 注射やレーザー、手術などで多汗症の治療を行うと、完全に解決するのか副作用、費用など色々な問題があります。 そこで市販薬や民間療法など自分でできる治療法で改善してから考えても、遅くは...


  • フェイスケアとスキンケアについて

    フェイスケアには、基本のステップがあります。 どのような高価な化粧品を肌に塗ろうとも、基本が出来ていないと、毛穴の奥にまで良い成分は入ってはいきません。 でも正しいお手入れを知り、それを実践することで、肌は見違える程美しく変...


  • ニキビができる場所に応じたニキビケア

    顔だけではなく胸元やお尻など体の色んなところにできるニキビですが、それぞれの部位に適したニキビケアが重要です。 ニキビは皮脂が毛穴に詰まる事が原因だと言われていますが、実際には角質が肥厚して毛穴を塞いでしまう事で、皮脂が毛穴に溜ま...


  • モテメイクでおしゃれ上手に

    おしゃれ上手になりたいという女性は多いですが、おしゃれ上手になりたいのであれば洋服だけでなくメイクにもこだわることが必要です。 メイクは洋服にあわせてするようにするとおしゃれですし、素敵にも見えるからです。 洋服をイメージチェンジさ...


  • 汗かきの女性におすすめ出来る制汗対策とは

    汗かきの人の中には、夏場が近付くにつれて憂鬱な気持ちになってしまう人が珍しくないです。 特に女性は汗によってメイクが崩れて酷い状態になったり、汗臭さを周囲に漂わせているんじゃないかと、かなり心配になってしまいます。 なので夏場になる...


  • ムダ毛処理に困ったら脱毛サロンを活用する

    薄着の季節になるとムダ毛のことで頭を抱えてしまう方は多いのではないでしょうか。 いつでもつるつるのムダ毛のないきれいな肌で過ごしたいけれど、自分でムダ毛処理を行っても完璧に手入れを行うのは難しいと困ってしまうものです。 自宅での処理...


  • 自分にあった化粧品を使ったスキンケアで毎日のフェイスケアをしましょう

    お顔は1番、目に付く場所でもあるのでフェイスケアには気を付けているという方も多いでしょう。 女性の方は毎日のようにお化粧をするかと思いますが、近年ではファンデーションの中に美容液が入っている商品もあるようです。 1日の大半は...