コンシーラーを使った目の下の綺麗なくまの消し方



コンシーラーを使った目の下の綺麗なくまの消し方

コンシーラーは、顔にできたシミや傷、ニキビ跡などを目立たなくしてくれたり、消してくれる優れものです。

もちろん、コンシーラーを使用することにより、目の下にできたくまも上手に隠すことができます。

しかし、間違った色のコンシーラーを選んでしまうと、逆に顔色を悪く見せてしまったり、年齢より一層老けてみえてしまいます。

くまの種類により、使用するコンシーラーの色が変わるので、自分のくまがどのタイプのものであるか、きちんと把握してから使用することが大切です。

また、コンシーラーにはリキッドタイプやスティックタイプ、それからクリープタイプなどがありますが、用途に応じて上手に使い分けると、更に綺麗に仕上げることができます。


◆青くまさんにおすすめのカラー

青くまと呼ばれる血行不良が原因のくまには、オレンジ系のコンシーラーがお勧めです。全体的に塗るのではなく、隠したい部分に軽くたたくようにしてのせていきます。


◆茶くまさんにおすすめのカラー

色素沈着が原因の茶くまは、イエロー系のコンシーラーを選ぶと良いでしょう。くすんだ色の部分になじませるように塗ることがコツです。


◆黒くまさんにおすすめのカラー

最後にたるみが原因である黒くまは、ベージュやオークル系のコンシーラーが最適です。陰になりやすい凹んだ部分にしっかりとなじませましょう。



コンシーラーには、スティックタイプやクリーム、それからリキッドタイプがありますが、一番カバー力の高いものはスティック状のものです。

しかしくまの出来る目の下の部分は、皮膚がとても薄く乾燥しがちなため、しわになりやすいので、グロスのように先端がチップ状になっているリキッドタイプのコンシーラーがお勧めです。

このタイプのものは、コンシーラーを使い慣れていない方でも上手に使うことができます。また、コンシーラーの付け方にもいくつかのポイントがあります。

パウダータイプのファンデーションをお使いの方は、ファンデーションを塗る直前にコンシーラーを使い、リキッドタイプのファンデーションを愛用の方は、ファンデーションを塗った後にコンシーラーを使いましょう。

厚塗りをすると逆に目立ってしまうので、要注意ですよ。


くまができる原因って?

くまができる原因って?

くまの出来る原因はいくつかあります。まずは、目の周りの血行が悪くなってしまったことが原因でできるくまです。

目の周囲にはたくさんの毛細血管がありますが、疲れが溜まったり目を使いすぎるとまばたきの回数が減り、目のまわりの血行がどんどん悪くなっていきます。

目の下の皮膚は他の部位に比べて薄いので、毛細血管が透けて見え、結果的に目の下のクマとして現れてしまいます。

次に、色素沈着によるものです。

マスカラやアイラインなどでしっかりメイクをすると、メイク落としの時についつい力を入れてこすってしまいがちです。強い刺激は色素沈着の原因になってしまいます。また、紫外線も色素沈着の要因となります。

最後に、老化によるたるみが原因のくまです。
年齢と共に、重力に逆らえずに様々な部分が垂れてしまいますが、顔の筋肉も然りです。目の下の部分が落ちくぼみ、影を作ることによりくまのように見えてしまいます。



目の下のくまを解消するには?

目の下のくまを解消するには?

不健康そうで年齢よりも老けた印象を与えてしまいがちなくまは、全くメリットがないだけにどうにかして解消したいものですよね。

血行不良が原因のくまは、血行を良くすることで解消でき、ホットタオルを目の上にしばらくおくだけでも血行促進につながるのでお勧めです。
睡眠不足や目の疲れなど、自分で理由がわかっている方は、睡眠をしっかりとるなどの対策が大切です。
色素沈着やターンオーバーの乱れにより角質が厚くなってしまったことが原因によるくまを消す方法は、美白美容液などで目元をしっかりケアすることです。

また、くまができる要因には、貧血などの病気が隠れている場合もあります。貧血は、鉄分が不足すると起こるため、鉄分を多く含む食品を積極的に摂取することを心がけましょう。

鉄分の吸収を高めるためには、たんぱく質やビタミンCが不可欠です。栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。

色素沈着によるくまは、美白効果の高い化粧品類を使用することにより解消することができます。

ビタミンCを多く含む食材を摂取することで、外側からだけでなく体の内側からもケアをすることができます。

加齢と共にお肌のハリが失われ、たるんだ部分が影になることにより見えるくまは、隠すことが難しいくまであるといわれていますが、ハリを取り戻すケアを行うことにより、解消できます。

肌のハリが失われる原因の一つに、コラーゲンの減少があります。コラーゲンを含む食事やサプリメントなどを利用して、ハリのあるお肌作りをしましょう。


目の下のくまにはマッサージが効く!?

一般的に一番多い目の下のくまが出来る原因は、睡眠不足や疲れによるものだと言われています。

これらが原因の場合は、血行を良くすることで改善されるので、マッサージをすることにより解消することができます。

覚えておくととても便利なので、疲れたなと思った時に実践してみると目の下のくまの悩みから解放されます。

マッサージの際は、皮膚の薄い目元を強くこするとと色素沈着の原因になるので、優しく行いましょう。

ピアノを弾くようなソフトなタッチで、目頭から目じりに向かい5本の指で軽くたたくだけで、かなりの効果があります。

また、パソコンや読書で目を酷使する作業を長時間休みなく続けていると、くまが出来やすいですが、これはまばたきの回数が減ってしまったことで目の周囲の筋肉が動かず、血行が悪くなったことにより生じます。

疲れたなと感じたら外の景色を眺めたり、目を大きく開けたり閉じたりを繰り返してみたり、顔全体の筋肉のコリをほぐすようなエクササイズをすると血行が良くなり、目の疲れはもちろん、目のくまも解消されます。


目の下のくまを解消するツボ

お化粧やコンシーラー、それから食事などでくまを目立たなくさせることができますが、血行をよくしたり、目の疲れを取ることができるツボを刺激することにより、くまを解消することができます。

強く押したりこすったりすると、色素沈着の原因になるので、イタ気持ち良いと感じるくらいの適度な刺激を与えるのみにしましょう。清明(セイメイ)と呼ばれているつぼは、目頭の付け根にあります。軽く抑えるととても気持ちの良いツボです。

次に、黒目の下の骨のあたる部分にある承泣(ショウキュウ)を軽く押さえます。そのまま目じりの中央とまゆ尻からやや後ろよりにあるところを指圧しましょう。

このツボを押していれば眼の病気とは無縁の生活を送れると言われているほど、効果の高いツボです。

瞳子りょう(ドウシリョウ)は、目の疲れに効くツボです。目じりの親指の幅ほどの外側にある骨のくぼみの部分にあるので、優しく押すと目の疲れが取れます。

その他、目の付近ではないものの合谷(ゴウコク)というツボが手にあります。

人差し指と親指の骨が合流する部分のくぼみがあり、押してみるとイタ気持ちいいをとても実感できるツボですが、こちらのツボは疲れ目に効果の高いので、気が向いた時に押すと疲れ目から解消されますよ。







同じカテゴリーの最新の記事