乳酸菌はアレルギー性皮膚炎の症状緩和にも!乳酸菌の嬉しい効果



アトピー性皮膚炎の症状とは?

アトピー性皮膚炎の症状とは?

近年では、大人も子供もアトピー性皮膚炎を発症する人々が増加しています。


アトピー性皮膚炎は、乾燥や痒み、湿疹などが生じるアレルギー性疾患で、症状が酷くなると睡眠障害を引き起こしたり、精神的に悪影響を及ぼすことさえあります。


アトピー性皮膚炎の主な治療はステロイド剤を使用したものが一般的ですが、ステロイド剤による副作用や薬を中断すると症状も悪化してしまうなど、効果的な治療方法がないのが現実でした。


そんな中で、乳酸菌がアトピー性皮膚炎の症状の緩和に効果的であると言うことが分かってきたのです。



乳酸菌の効果とは?

乳酸菌の効果とは?

アトピー性皮膚炎への効果

アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患は外部からのアレルゲン物質への過剰な免疫反応が原因だと言われています。


こうした免疫バランスを大きく左右するのが、腸の環境であり、この腸の環境を整えることで、免疫システムが正常化しアトピー性皮膚炎の症状も緩和するのです。


それ故、腸の善玉菌を増やす乳酸菌はアトピー性皮膚炎に効果的と言えるのです。


また乳酸菌は、アレルギーの指標である血中のIGE濃度の上昇を低下させることが分かってきました。


このように、乳酸菌は免疫システムを正常化してアトピー性皮膚炎の解消に期待が出来ると言えるでしょう。



花粉症への効果

花粉症が起こる原因は、鼻などを通してアレルゲンである花粉が身体の中に入り込んだ時に、身体の防御反応が過剰に働き、IGE濃度が上昇することで発症します。


ヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂取することで、免疫バランスを整え体質を改善することで、花粉症の発症を抑えることが可能となるのです。

どんな乳酸菌が効果的?

こうした、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の中でも特に花粉症に効果的な乳酸菌があります。


花粉症に有益なヨーグルトに含まれる乳酸菌は、人の腸内の菌から分離したLGG乳酸菌、カルピス社独自のL92乳酸菌、L21乳酸菌、乳酸球菌であるフェカリス菌、植物性のラブレ菌などです。


これらのヨーグルトに含まれる乳酸菌は、酸に強く生きて腸まで届き、また免疫システムのバランスを整える力が強いため、免疫疾患とも言われる花粉症に良く効く乳酸菌なのです。



お腹の張りを解消

腸内環境を整えるのに最適な乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌の害を抑え、腸の細菌バランスが整い排便がスムーズになり過剰なガスがお腹に溜まる事を防ぎます。


このようにして、乳酸菌のパワーにより腸内環境を整えればお腹の張りをスッキリと解消出来ること間違いなしです。






同じカテゴリーの最新の記事