数十年後にレーシックの後遺症は出る?レーシックで失敗しないためには



レーシック手術は皆さんご存じだとは思いますが、ここ最近になって広まったきた視力回復手術です。有名人の方でも手術を受けられた方は多くいらっしゃいます。

仕組みを簡単にご説明致しますと、角膜にレーザーを照射する事によって角膜を削り屈折角度を変えます。そして屈折角度が変わると、これまで遠くの物が見えにくかったりしたのが、見える様になり視力が回復するというものです。

レーシックのメリットはやはり何と言っても肉眼で見える様になるという事です。メガネやコンタクトに煩わしさを感じてらっしゃる方は、特に惹かれると考えます。
そんなレーシックですが、注意しなければいけない点ももちろんあります。失敗するとそれなりのデメリットも発生するので、失敗しない様に気を付けなければなりません。

数十年後にレーシックの後遺症は出るの?

レーシックは、高確率で後遺症の出ない安全な手術と言われています。
とは言え、100%とは言えず、やはり何らかの形で、目に不具合を訴える患者さんはいるようです。

その中で一番多いのが、ハロ・グレアです。
夜間運転中に、車のライトが花火のように見えたり、街頭が眩しく見えたりする症状です。
運転する人は、特に注意が必要です。
これは手術を受けてから、1~2週間したら治まる事が多いので、心配する必要はありません。

次に有名なのが、ドライアイです。
この症状は個人差が大きく、もともとドライアイの人ほど感じやすいと言われています。
レーシック手術の際に、涙腺を焼き切ってしまうことが原因と言われていますが、涙腺は3ヶ月ほどで復活します。

その他に、白目の充血が現れる人もいます。
レーシック手術の際に使うレーザーが原因と言われていますが、これも一時的な物なので心配いりません。

また合併症が原因で、数十年後に遺症が残る事が心配される場合がありますが、きちんとしたアフターケアをしていれば、現状ほとんど起こる事はありません。
しかしながら確率は0ではありません。

少しでも安全に手術を終えられるように、病院選びには細心の注意を払い、術前と術後のケアは、気を抜かずに行いましょう。



レーシックで失敗しないためには?

レーシックを失敗しないために大切なのはどこで手術を受けるかという事です。
つまり事前に評判を聞いて、過去に失敗した方がいらっしゃらないかという事を確認しておかなければなりません。より成功率の高い所で手術を受けられる事が、何よりも大切だという事です。

レーシックは失敗した例も多々あって、その点は非常に重要なので、しっかり時間をかけ情報収集を行って下さい。



気になるレーシックの相場は?

レーシック手術は昔に比べればかかる費用もずいぶん安くなりましたし、手術そのものも一般的になりました。ですがレーシック手術は健康保険の適用外ですのでその費用は自由価格で実費になります。

現在のレーシックの相場は大体10万円から20万円が中心です。このあたりが手術のひとつの目安になります。これ以下の金額のクリニックもありますが古い機器を使っていることもありますのでよく調べる必要があります。

また逆にもっと最先端機器での手術を望む場合では30万円台が中心になりますが、レーシック手術にはローンを組めるところも多いので金額ももちろんですがやはり納得のいくクリニックで受けることが大切になってきます。

最近の最新レーシック機器はコンピューター制御されているため経験の浅い医師でも一定のレベルで行うことができます。ですがやはり機器を使いこなすという点では経験豊富な医師に執刀してもらうほうが安心ですので医師についても確認するほうがよいでしょう。

またレーシック手術は健康保険は適用外ですが医療控除は対象なので確定申告できます。また加入している保険によっては手術費用給付金が受けられる場合がありますので確認しておくことが大切です。



レーシックで保険を上手に活用する方法

昨今、芸能人やスポーツ選手などの著名人が手術を受けたなどと話題にもなるレーシック手術ですが、一般の方でも裸眼の快適さを取り戻そうと手術を希望する人や既に体験済みの人などその数は年々増加傾向にあります。

手術の料金は、レーシック手術が日本でも話題になり始めた10数年前に比べると各段にお安くなっていますが、それでもまだまだ高額な手術であることには変わりありません。

高額な料金のせいで、手術をしたくても諦めざるをえない方も多くいらっしゃる事でしょう。
しかし、その手術料金に現在加入している生命保険や医療保険が使えて、少しでも手術代の負担が軽くなるとしたらいかがでしょう。

意外とご存知ない方が多いのですが、加入している保険会社によってはレーシック手術も手術給付金としてお金を受け取れる場合があるのです。
しかし、これはどの保険会社でも給付されるわけではありませんし、仮に対象の会社であっても保険に加入した時期によっては対象外となる場合がありますので注意が必要です。

ですので、レーシック手術を受けようかと迷われた場合は、一度現在ご加入の保険会社に確認される事をオススメします。
保険会社によって金額は様々ですが、両目の手術で10万円支給される会社もありますので、お得に手術を受けることが可能です。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 数十年後にレーシックの後遺症は出る?レーシックで失敗しないためには

    レーシック手術は皆さんご存じだとは思いますが、ここ最近になって広まったきた視力回復手術です。有名人の方でも手術を受けられた方は多くいらっしゃいます。 仕組みを簡単にご説明致しますと、角膜にレーザーを照射する事によって角膜を削り屈折角度...


  • 白髪染めトリートメントの選び方

    白髪染め白髪が目立ち始めたら髪の毛を染めるという人が多くいますが、種類も自分に合ったタイプを選ぶようにしましょう。 人などは、白髪染めを行っても髪の毛が細くて柔らかい人は染まりやすくなっています。 白髪染めの規定時間を過...


  • 失敗しない黒酢選び

    独特の風味を持つ黒酢は、酢の種類のひとつで、褐色を呈しているのが最大の特徴と言えます。 原料には玄米または大麦が用いられ、これらの原料を発酵、熟成させることで作られているのです。 一般的に、できあがるまでには1〜3年の期...


  • お尻きたなくない?黒ずみ、シミ、ニキビ

    お尻、大丈夫? お尻の黒ずみやシミ、ニキビケアに気をつけてますか? (※ケアとはニキビ、シミ・黒ずみを予防することです。) ピーチローズ 「お尻の肌トラブルを気にせず、温泉やスパで楽しみたい・・・」 「日常生活でお尻に悩み...


  • ニキビのタイプと肌質に合ったニキビケアについて

    ニキビは一度できてしまうとなかなか治らなかったりするので非常にやっかいです。 できればニキビを作らない状態にしていきたいですしできたとしても治していきたいと思います。 しかし自分のニキビがどの状態で肌はどのタイプなのか知らない方は意...


  • モテメイクで自分らしさをアピール

    メイクは女性にとって永遠のテーマです。 エチケットでもあり、美しくかわいく見せるためのツールでもあります。 女性はメイクの仕方次第で大きくイメージチェンジすることができ、ヘアスタイルやファッションに合わせていろいろと楽しむことができ...


  • 汗かきには自分でできる制汗対策から

    汗をかくと、臭いや洋服の汗ジミが気になります。 注射やレーザー、手術などで多汗症の治療を行うと、完全に解決するのか副作用、費用など色々な問題があります。 そこで市販薬や民間療法など自分でできる治療法で改善してから考えても、遅くは...


  • フェイスケアとスキンケアについて

    フェイスケアには、基本のステップがあります。 どのような高価な化粧品を肌に塗ろうとも、基本が出来ていないと、毛穴の奥にまで良い成分は入ってはいきません。 でも正しいお手入れを知り、それを実践することで、肌は見違える程美しく変...


  • ニキビができる場所に応じたニキビケア

    顔だけではなく胸元やお尻など体の色んなところにできるニキビですが、それぞれの部位に適したニキビケアが重要です。 ニキビは皮脂が毛穴に詰まる事が原因だと言われていますが、実際には角質が肥厚して毛穴を塞いでしまう事で、皮脂が毛穴に溜ま...


  • モテメイクでおしゃれ上手に

    おしゃれ上手になりたいという女性は多いですが、おしゃれ上手になりたいのであれば洋服だけでなくメイクにもこだわることが必要です。 メイクは洋服にあわせてするようにするとおしゃれですし、素敵にも見えるからです。 洋服をイメージチェンジさ...